うつ病の症状と向き合おう【ストレス社会による弊害】

女の人

回復を視野に入れた治療を

睡眠時間の減少や重い倦怠感に悩まされるなど、日常生活に支障をきたす症状がみられるなら、うつ病の可能性があります。うつ病の治療では、専門の治療プログラムが用意されている精神科を受診し、根本的な回復を目指すことが重要です。

カウンセリング

精神的疾患への対処法

うつ病の初期には、睡眠障害などの症状が現れますが、この段階から早期に治療を開始することが大切です。うつ病の治療法には、神経伝達物質をコントロールする薬剤の投与と、うつ病の原因となる思考を改善するための精神療法が主に行われます。

周りの理解が必要です

ナース

理解して受け止める

うつ病といえば、気持ちが落ち込んだりやる気がなくなったりしてしまうというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。確かに、これらはうつ病の代表的な症状であり、多くの患者さんが訴えるものですが、このほかにも色々な症状があるといわれています。一言にうつ病といっても、大きくはうつ状態が続く大うつ性障害と、うつ状態と躁状態が交互に発生する双極性障害の2つに分類できるといわれています。躁状態の時には、これまでの落ち込みが嘘のように活動的になったり、とめどなくしゃべり続けたりと全く異なる症状が現れるようになります。例えば、うつ病と診断された人から驚くほど攻撃的な言葉を投げかけられたり、普通はしないような方法で嫌がらせを受けて戸惑ったりするというケースも聞かれます。気分の落ち込む病気だとしか認識のない人にとっては不思議でたまらない気持ちになってしまいますが、これもこの病の持つ一面なのだと受け止めるようにしましょう。うつ病の原因は、脳内ホルモンであるセロトニンの分泌不足によるもので、極端な感情の起伏などもこのことからきています。セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれるもので、脳内ホルモンの調整をしたり、リラックスした気分にしたりする作用がありますが、これが不足することによって精神的な変化が発生します。また、これによって脳内物質であるアドレナリンの分泌が過剰になると、興奮状態が続いたり、攻撃的になったりすることもあります。また、うつの症状のひとつとして被害妄想が強くなるともいわれています。他人の言動を過剰に受けてしまい、傷ついたり怒ってしまったり、色々上手くいかないことの焦燥感から強い苛立ちを感じてしまうことが攻撃性に繋がります。周りの人間が、これもこの病の症状のひとつであるという認識を持っていれば、過剰に反応することなく受け止めてあげることが出来ます。これらの症状は、医師に相談することで薬を変えるなどといった対処をすることも出来ますし、その繰り返しで少しずつ改善していくという気長なスタンスでいることがこの病気と向き合う上で大切です。

男の人

いつもと違うと感じたら

ここからがうつ病で、ここまではうつ病ではないという明確な境界線はありません。まわりから見て大丈夫そうに見えても、本人が苦痛を感じているなら医療の手助けが必要です。いつもと違うなという症状が多くなれば一度受診してみることが大事です。

聴診器

早めにカウンセリングを

うつ病の可能性がある症状が出た場合、すぐに近くのメンタルクリニックや心療内科に行って診察を受けるようにしましょう。精神病は早めに発見することが大切なので、定期的にカウンセリングを受けておくのも良いでしょう。

看護師

病を受け入れて付き合う

うつ病は心の痛みを伴うつらい症状が出るもので、本人はもちろん周囲も心配しがちです。そのため、一刻も早く治したいと切に願うのも当然ですが、治療効果を焦るあまりに悪化してしまうことがないよう、急がば回れの精神で治療を続けていくことが大事です。